HOME ワシントンDC近郊の花めぐり

Toadshade (Sessile Trillium)
Trillium sessile, Lily Family (Liliaceae)


アメリカには日本で見られないタイプのエンレイソウがいくつかあることを聞いていましたので、実際に見るのを楽しみにしていました。その中で我々の身近でまず咲き出したのが、この赤茶色の花弁を持つエンレイソウです。Billy Goat Trailの遊歩道脇でたくさん見られ、所々で群生しています。ご覧のように、花は葉のすぐ上につきます。学名のsessileとは花柄が無いという意味です。花弁は直立して、ほとんど開かないようです。葉の斑模様はとても目立ちます。下の写真のように、花弁が緑色のものもまれに見かけます。

このほかにも日本のオオバナノエンレイソウに似た白い花弁をもつ仲間や、コジマエンレイソウヒダカエンレイソウのような赤い花弁をもつものなど、いろいろな種類が見られるようです。手元の図鑑を見た限りでは、日本の「エンレイソウ」のような花弁をもたないタイプはないようです。(上: 2005年4月3日 Billy Goat Trail Section C、下: 2005年4月10日 Violette's Lock にて撮影)