HOME ワシントンDC近郊の花めぐり

Squaw Root (Cancer Root)
Conopholis americana, Broomrape Family (Orobanchaceae)


6年前の6月に仕事でアメリカに来た時、休日にバージニア州のシェナンドア国立公園の山に登る機会があって、Wild Columbineや派手なピンク色のランなど、アメリカの花を楽しむことができました。その時、日本のオニクにとても似た植物を見かけました。花は終わっていましたが、木の根元にたくさん生えていました。帰国後、その年の8月に大雪山でオニクを初めて見ることができたこともあって、この花は深く印象に残っています。で、今回意外にも、こんな早い時期に家から近い所で再会できました。感激です!

オニク(Boschniakia rossica)と同じハマウツボ科の寄生植物ですが、オニクとは別の属に分類されています。オニクがミヤマハンノキに寄生するのに対して、本種はオークの木に寄生するそうです。栄養分を木の根から吸収するので、葉緑素はなくても生育できます。実際、日が当たりそうもない暗い洞穴のような所にもたくさん生えていました。それほど珍しい花でもないようで、下の写真のように群生しているのをよく見かけます。日本のオニクもこんなに見られたらいいのですが...。(上: 2005年4月23日Billy Goat Trail Section C 、下: 2005年5月3日 Billy Goat Trail Section B にて撮影)