HOME ワシントンDC近郊の花めぐり

Painted Trillium
Trillium undulatum, Lily Family (Liliaceae)


北米はエンレイソウの種類が多いのですが、その中でもこのPainted Trilliumは特に美しい花を咲かせます。ご覧のように、花弁の奥が鮮やかなピンク色に彩られ、脈もわずかにピンク色を帯びています。花の幅は5〜6.5センチ程度で、花弁の縁は波打っています。オレンジ色の子房とピンク色を帯びた雄しべも美しいです。花だけではなく葉の付き方にも特徴があり、Purple TrilliumLarge-flowered Trilliumなどの葉はほとんど無柄なのに対して、このエンレイソウには短い柄があります。葉の色は他のエンレイソウよりも青っぽい緑色で、花後には紫色を帯びるようになります。

私たちの身近では見られない北方系の花で、Fringed PolygalaStar Flowerと同様にメリーランド州内では北西部のGarrett郡で見ることができます。この地域は2005年シーズンの6月初旬に初めて訪れたのですが、この花にはちょっと遅くて、New Germany State Parkのトレイル脇でそれらしい花後の姿を見ただけでした。今年は全般に花の開花時期が早まっているので、5月上旬に訪れました。ところが、前の年に見た場所では姿さえもありませんでした。いくらなんでも早すぎたかとがっかりしましたが、その後訪れたFinzel Swampでは予想外にも小高い丘の上で咲いているのを見ることができました。昨年見かけたのが湿っぽい所だったので、日当たりの良い乾燥した場所に生えていたのにはびっくりしました。(2006年5月6日 Finzel Swamp にて撮影)