HOME ワシントンDC近郊の花めぐり

Fringed Polygala
Polygala paucifolia, Milkwort Family (Polygalaceae)


メリーランド州の北西に位置するGarrett郡は「メリーランドの小さなスイス」とも呼ばれ、高地にあって気温が低い地域です。そのため北方系の花が見られ、ミズバショウの仲間のWild Calla、ツバメオモトの仲間のYellow Clintonia、ミツバオウレンの仲間のGoldthreadなどなど、州内では珍しい花の宝庫となっています。この花もその1つで、Finzel Swampと呼ばれる湿原の周囲にある丘で見ることができました。いつものように花ママがまずそれらしい葉を見つけたのですが、花は終わっているようでした。その後やっと見つけた花は肝心の中央の花弁が落ちている始末。それでもがんばって探して、ようやく1株だけ美しい花に出会えました。花の大きさは2センチ程度のかわいらしい花です。一見ラン科の花のように見える、先端が細かく切れ込んだ花弁がすばらしいですね。花の形は飛行機のようにも見えますし、花パパは職業柄、採血に使う翼状針を思い起こしました(何のことだか分からない方はググってみてください)。

一般名のPolygalaはこの花が属するヒメハギ科の学名をそのまま用いています。ギリシャ語のPoly(多い)とgala(乳)に由来し、牛や乳母がこの属の花を食すると乳の出がよくなるという言い伝えによるそうです。英語でもMilkwort(wortは草本の意味) Familyといいます。しかし、これは迷信に過ぎず、本当はそのような効果はないそうです。 (2005年6月5日 Finzel Swamp にて撮影)




2006年5月上旬にGarrett郡を再訪しました。前年に見たFinzel Swampの他にNew Germany State Parkでも咲き出したばかりの新鮮な花をたくさん見ることができました。葉が完全に展開する前に花が咲くようです。1つの茎に2つや3つの花を付けているのも散見されました。(2006年5月6日 Finzel Swamp にて撮影)