HOME 福島県とその周辺の花めぐり

ヒメハギ (姫萩)
Polygala japonica 【ヒメハギ科ヒメハギ属】



2016年4月30日 福島県福島市にて撮影

変わった形の花が印象的な、春から夏にかけて咲く小さな花です。花の長さは1センチにも満ちません。左右に広がっているように見えるのは花弁状のがく片です。本当の花弁は3枚あり、そのうちの2枚が合わさって筒状になり、残りの1枚の先は細かく裂けて、もしゃもしゃとした特徴ある姿になっています。花は硬い茎にまばらに付き、斜上して広がる茎には先が尖った卵形の葉が互生します。果実(刮ハ)は扁平な心円形で両側に翼があり、花だけでなく果実もとても変わった形をしています。日本全土に分布し、福島県内でも広く見られます。

私たちが2年間アメリカのメリーランド州で暮らした時に、州の北西部にこの花の仲間(フリンジド・ポリガラ, P. paucifolia)を探しに行きました。ヒメハギと同じような花の造りですが、大きさは2センチもあって、まさしくアメリカンサイズです。花は茎先にのみ1〜3個付き、茎先にまとまって付く葉も大きいです。私たちは日本でヒメハギを見たことがなかったので、このアメリカ版ヒメハギをイメージして福島でヒメハギを探していたものですから、危うく見逃すところでした。



2007年5月26日 福島県伊達市にて撮影




2007年5月13日 福島県いわき市にて撮影




果実 2009年9月30日 福島県郡山市にて撮影