HOME ワシントンDC近郊の花めぐり

Pink Lady's Slipper (Pink Moccasin-flower)
Cypripedium acaule, Orchid Family (Orchidaceae)


この花もアメリカでぜひとも見たかった花の1つです。ガイド本では、私たちの身近の自然公園などでも見られるようです。5月になって本格的に探す前に、画像掲示板で情報をいただいて、バージニア州のHidden Oaks Parkでいち早く見ることが叶いました。ここはバージニア州といっても、ワシントンD.C.に隣接していて、D.C.エリアの環状道路(I-495)の内側です。こんな所でも、自生している美しい野生ランが見られるのは、とてもすばらしいことだと思います。

前日にYellow Lady's Slipperを見たので、同じLady's Slipperの名が付いても、花の色のみならず花の形や葉の形や付き方がぜんぜん違っているのにびっくりしました。草丈も20〜30センチ程度で低いです。袋状の唇弁を、女性の履物に見立てた命名です。花の形はクマガイソウにそっくりです。葉の形は全く異なりますが...。乾いた森、特にマツ林を好むそうで、確かに私たちが見たのもそのような場所でした。倒木の切り株に生えているのも見かけました。

似た仲間にShowy Lady's Slipper (Cypripedium reginae)があり、こちらは草丈も高く、唇弁は明るいピンク色で上の花弁は白色で、その名の通りのとても美しい花です。残念ながら、この花は私たちの身近では見られず、北方の州やカナダでは大群生が見られるとのことです。(2005年5月8日 Hidden Oaks Park にて撮影)