HOME ワシントンDC近郊の花めぐり

Yellow Lady's Slipper
Cypripedium parviflorum, Orchid Family (Orchidaceae)


これはアメリカのキバナノアツモリソウですね。日本のキバナノアツモリソウはきわめてまれに北海道でも見られるそうですが、私たちはまだ出会ったことがありません。同じ黄色い花でも、花や葉の形は日本のとはずいぶん違っているようです。私たちの見た株の草丈は結構高くて30〜50センチくらいでした。葉の形はアツモリソウに似ていて、3〜5枚あります。袋状の唇弁の長さは5センチ程度、側花弁が細長くて、らせん状にねじれているのがユニークです。

Thompsonで見られるとのことだったので、いくつかあるトレイルを適当に歩いて探していると、それらしい葉は見つかりましたが、まだ蕾でした。幸運にも、途中で出会ったご夫婦からたくさん見られる場所を教えていただきました。しばらく後に、教わった辺りを歩いていると、なんとトレイル脇の斜面から件の奥様が下りてこられて、「咲いているわ!」と斜面の上を指差されました。見上げると、すばらしい群生が目に飛び込んできました...感激の初対面です。はっきりとした踏み跡を辿って、写真撮影。まだ蕾が目立ちますが、日当たりの良い斜面なので、気の早い株は早々と咲き出したのでしょう。その後も、同じトレイルの先でいくつかの花を見ることができました。(2005年5月7日 Thompson Wildlife Management Area にて撮影)