HOME ワシントンDC近郊の花めぐり

Grass Pink
Calopogon tuberosus, Orchid Family (Orchidaceae)


初夏の湿原で見られる鮮やかなピンク色の花が印象的なラン科の花で、アメリカ東部に広く分布します。Dragon's MouthRose Pogoniaとほぼ同じ時期に初夏の湿原をピンク色に彩る美しい野生ランで、3つの中では最も遅く咲き出します。草丈は高いものでは50センチほどにもなり、花も大型で(長さ2.5〜5センチ)、とても目立ちます。多いものでは9〜10個もの花が下から上へ咲き上がります。写真には写り込んでいませんが、根元からは茎の半ばほどの長さの細い葉が一枚付きます。一般名の"Grass"はこの葉の姿に基づいています。

花の構造は変わっていて、ラン科の花としては珍しく、唇弁が上向きに付いています。この180度ひっくり返った花の造りは日本のトラキチランと同じですね。唇弁のほかにも花弁やがく片、また上向きにカールしたずい柱も含めてみな鮮やかなピンク色をしていて、実に美しい姿です。先端が三角形状に広がった唇弁には黄色い隆起があり、その上に白い毛が密生していて、花にアクセントを添えています。なお、属名のCalopogonとはギリシャ語の「美しい髭」を意味し、この美しい唇弁に由来します。

私たちの身近ではなかなか見られない花で、ニュージャージー州の湿原で上記2つのランと共に見ることができました。昨シーズンに下見をして、シーズンに入ってからは3週連続して訪れてやっと開花した花を見ることができました。この花が見られれば片道3時間半のドライブも苦になりません。ところで、この地域ではダニによるライム病感染率が高いので、十分な注意が必要です。とにかくダニの数が桁違いに多いのです。湿原にはあまりいませんが、ちょっとした森林公園を歩いただけでも大きいのやら小さいのやらダニが靴や衣服についてきます。十分注意したつもりだったのですが、帰宅した2日後に夫婦そろって太ももに小さなダニが食い付いているのを発見!さっそく予防のために抗生物質のお世話になりました。やれやれ...。(2006年6月18日 Webb's Mill Bog にて撮影)