HOME ワシントンDC近郊の花めぐり

Dragon's Mouth
Arethusa bulbosa, Orchid Family (Orchidaceae)


5月下旬〜6月上旬に湿地で咲くランの仲間です。花の形はなんとなく(ヒメ)ホテイラン(Calypso属)に似ていますが、違う属に分類されています。花は割りと大きくて長さ5センチほど、草丈は高いもので30センチにもなります。一般名のDragon's Mouthは花の形を見立てたものです。その美しさと相反する名前ですが、上の写真のように横から見るとなるほど納得です。属名のArethusa(アレトゥーザ)とはギリシャ神話に登場するニンフで、その美貌の故に付きまとう川の神アルフェウスから守るために、女神のアルテミスによって泉に変えられたとか...。この美しい花が常に湿地で見られることから、このような名前になったのでしょう。

カナダやアメリカ北東の州に広く分布するようですが、私たちの身近では見られません。少し遠いですが、ニュージャージー州で見られることが分かりましたので、片道約3時間半ドライブして待望の花を見ることができました。他には食虫植物のPitcher Plantやミミカキグサやタヌキモの類もありました。もちろん、モウセンゴケの仲間も。日本のトキソウに良く似たRose Pogoniaの蕾も確認できました。(2006年6月4日 Webb's Mill Bog にて撮影)