HOME 福島県とその周辺の花めぐり

ヤマシャクヤク (山芍薬)
Paeonia japonica 【ボタン科ボタン属】



2007年5月 福島県にて撮影

北海道〜九州に分布し、低山の広葉樹林下に自生する多年草です。本州の関東以西に分布すると書かれている図鑑もありますが、北海道や東北地方でも見られます。花の特徴などについては北海道編のページをご覧ください。大きな白い花は豪華で、まるで園芸種のような佇まいです。福島県内では広く分布していますが、目にする機会はきわめて少なく、県版レッドデータブックでは絶滅危惧 II 類に選定されています。私たちは数ヶ所で見つけていますが、花期が短いのでベストの条件で花を見ることはなかなか叶いません。蕾を見つけても花期の頃に再訪できなかったり、再訪できてもすでに花弁が散っていたりで、きれいな花を撮影するのはなかなか難しいです。赤い花を咲かせるベニバナヤマシャクヤクも福島県に記録があるものの、見る機会はほとんどなく、花の撮影は白花以上に困難です。



2011年5月 福島県にて撮影




2012年5月 福島県にて撮影




蕾 2009年5月 福島県にて撮影




種子(赤色は不稔の偽種子、黒紫色が本種子) 2008年9月 福島県にて撮影