HOME 福島県とその周辺の花めぐり

ベニバナヤマシャクヤク (紅花山芍薬)
Paeonia obovata 【ボタン科ボタン属】



2015年5月23日 福島県にて撮影

北海道〜九州に分布し、落葉樹林下などに生える多年草です。花の特徴などについては、北海道編のページをご覧ください。茎頂に1個つく淡紅色の大きな花がとても美しいです。

県内に広く分布するようですが、ごく限られた地方でしか見られず、県版RDBでは絶滅危惧 I 類の扱いです。私たちは記録を基にして浜通り地方で見ることができました。 福島県植物誌では変種(あるいは品種)のケナシベニバナヤマシャクヤク(var. glabra)として掲載されています。葉裏に毛がないのが母種との相違点のようですが、私たちが見た株ではまばらに毛が生えていました。県内では白花のヤマシャクヤクにもなかなか出会えませんが、紅花はそれ以上に見るのが難しいです。



2015年5月23日 福島県にて撮影




2015年5月23日 福島県にて撮影




2014年6月7日 福島県にて撮影




2015年5月23日 福島県にて撮影