HOME 福島県とその周辺の花めぐり

セイタカスズムシソウ (背高鈴虫草)
Liparis japonica 【ラン科クモキリソウ属】



2012年7月29日 福島県にて撮影

北海道から九州にかけて分布し、山地の林床に生えるクモキリソウ属のランの花です。スズムシソウに似ていますが、草丈は高くて20〜40センチ、花は少し小さめです。クモキリソウのように唇弁が下に丸まることはありません。花期は6〜8月です。

福島県内では会津地方の記録がありますが、県版RDBの調査では確認できなかったそうです。私たちは案内していただいて初めて見ることができました。

クモキリソウの仲間の見分けは難しいです。特にクモキリソウやスズムシソウの近縁種の分類は混乱していましたが、最近になって新種としてシテンクモキリとオオフガクスズムシ(L. koreojaponica)が明らかになりました。また、アキタスズムシのような正式な名前のないものもあります。さらなるクモキリソウ属の研究の進展が期待されます。




2012年7月29日 福島県にて撮影




2012年7月29日 福島県にて撮影