HOME 福島県とその周辺の花めぐり

セイタカスズムシソウ (背高鈴虫草)
Liparis japonica 【ラン科クモキリソウ属】



2012年7月29日 福島県にて撮影

北海道から九州にかけて分布し、林床に生えるクモキリソウ属のランの花です。スズムシソウに似ていますが、草丈は高くて20〜40センチ、花は少し小さめです。クモキリソウのように唇弁が下に丸まることはありません。福島県内では会津地方の山地の林床での記録がありますが、県版RDBの調査では確認できなかったそうです。私たちはとある方のご案内で、裏磐梯の某所で見ることができました。それにしても、クモキリソウの仲間の見分けは難しいです。私たちが見たエゾノクモキリソウとしている花も、唇弁の丸まりがあまり目立たず、典型的な花とは少し違っています。最近になってシテンクモキリのような新種が明らかになりましたが、さらなるクモキリソウ属の研究の進展が期待されます。



2012年7月29日 福島県にて撮影




2012年7月29日 福島県にて撮影