HOME ワシントンDC近郊の花めぐり

Yellow Clintonia (Bluebead Lily)
Clintonia borealis, Lily Family (Liliaceae)




北米で見られるツバメオモトの仲間の1つです。花が咲いていなくても、特徴的な大きな楕円形の葉がこの仲間であることを物語っています。日本のツバメオモトは白い花ですが、この北米の花はなんとクリーム色〜黄色です。1999年にバーモント州を訪れた際に見たことがあったので、久しぶりの再会となりました。北方系の花ですので、私たちの近くでは北海道のようにたくさん見られるわけではなく、Shenandoah国立公園の高山や北西部のGarett Countyで見られるに過ぎません。それにしても、日本から遠く離れたこの地にこのような似た花があるとは、ちょっと感動ものですよ。この他にもう1つ見られるツバメオモトの仲間(White Clintonia)は白い花ですが、やはり日本のとは花の様子が異なっています。学名や一般名の"Clintonia"とは、1803〜1823年にNew York市長と州知事を勤め、またNaturalistでもあったDeWitt Clintonを記念したものです。(2006年5月29日 Shenandoah National Parkにて撮影)








下の写真は、昨2005年シーズンにShenandoahで見つけた果実です。これで居場所が分かったので、今シーズンに容易に花を見ることができたわけです。濃藍色をしていて、別名Bluebead Lilyの基でもあります。White Clintoniaの果実は黒色とされていますが、本当かな?私たちは未だ確認していません。日本のツバメオモトも、濃藍色だけではなく黒いものも見かけますよね。葉の形も両者で少し違うように感じますが、確証はありません。(2005年9月18日 Shenandoah National Park にて撮影)