HOME ワシントンDC近郊の花めぐり

White Clintonia (Speckled Wood Lily)
Clintonia umbellulata, Lily Family (Liliaceae)




黄色い花を付けるYellow Clintoniaと共に、北米で見られるツバメオモトの仲間の1つです。ツバメオモトと同様に、先の尖った大きな楕円形の葉が特徴的です。茎先にたくさんの花を付けます。日本のツバメオモト(Clintonia udensis)のように白い花ですが、花弁に紫色の斑点が見られるのが大きな相違点です。これは別名の"Speckled"(小斑点のある)の由来でもあります。また、よく観察すると、蕾や花弁の先に緑色の斑点があるのも面白いです。Yellow Clintoniaが北方系の花であるのに対して、この花は南部の山岳地帯でも見られるようです。私たちの近くでは、Yellow Clintoniaと同様にShenandoah国立公園で見られますが、両者の分布は微妙に異なっています。

昨シーズンは蕾を見つけたものの、花の時期を逃してしまいました。今年は何度か下見を重ねて、ようやく旬の花を見ることができて感激しました。蕾の形もYellow Clintoniaとは大きく異なります。果実はYellowとは違って黒色とのことですので、ぜひとも確認したいと思っています。(上・中: 2006年5月29日、下: 2006年6月3日 Shenandoah National Parkにて撮影)