HOME ワシントンDC近郊の花めぐり

Showy Orchis
Galearis spectabilis, Orchid Family (Orchidaceae)


北海道でラン科の花の魅力に取り付かれましたので、アメリカで見られる野生ランにはとても興味があります。で、最も早くに見られたのがこのShowy Orchisです。なんとかわいらしい花でしょう!草丈は10センチ程度、光沢のある卵形の大きな2枚の葉の間からでた茎に3〜8個ほどの花をつけます。花は草丈の割には大きく、長さ2.5センチ程度です。2枚の側花弁と3枚のがく片が合わさって赤紫色の帽子状になっていて、長い白い唇弁と対照的です。花の後ろに飛び出た距も白くて長いです。このように、花の造りは昨年初めて見ることができたカモメランに似ています。Large-flowered Trilliumで有名なバージニア州のThompson Wildlife Management Areaのトレイル脇のあちこちで見かけました。ここではさらにYellow Lady's Slipperも見られて感激しました。(2005年5月7日 Thompson Wildlife Management Area にて撮影)




Thompsonで見た翌日に、いつものSnyders Landingの崖の上でもいくつか見かけました。下の写真のように、唇弁も赤紫色がかっている株も見かけました。




側花弁とがく片も白くて、全体が白い花も見ることができました。(2005年5月22日 Catoctin Mountain Park にて撮影)