HOME ワシントンDC近郊の花めぐり

Rose Twisted-stalk
Streptopus roseus, Lily Family (Liliaceae)


私たちの身近では珍しいユリ科の花です。草丈は30〜60センチ、Solomon's Sealによく似た草姿です。私たちが見た花をつけている株は、みな下部で2つに枝分かれしていました。花は紅色で、6つに裂けた花弁の先はくるりんと丸まり、まるで蛸のようです。葉のつけ根から出る細長い花茎の先に垂れ下がって咲きます。この花茎が途中から曲がっていることが一般名の由来です。また、互生する葉を基点にして茎がジグザグ状のがもう1つの大きな特徴で、Solomon's Sealでは見られません。北海道のオオバタケシマランやヒメタケシマランの仲間で、花の形は良く似ています。また、これらと同様に真っ赤な球形の果実をつけます。

昨シーズンは見ることができなくて、今年は肝を据えて探したところ、Shenandoah国立公園でやっと見ることができました。予想よりも色白の美しい花でした。なお、北方の州では緑色の花をつけるTwisted StalksあるいはWhite Mandarin (S. amplexifolius)という種があり、これは分類上、日本のオオバタケシマラン(v. papillatus)の原種です。(2006年5月13日 Shenandoah National Park にて撮影)