HOME ワシントンDC近郊の花めぐり

Mayapple
Podophyllum peltatum, Barberry Family (Berberidaceae)


この植物はとても変った姿をしています。草丈は30〜50センチ、まるで傘のような大きな2枚の葉のつけ根に直径4〜5センチほどの大きな白い花をつけます。花の形は同じメギ科のサンカヨウの1つ1つの花に似ています。この花の写真を撮ったのは雨の後だったので、花弁が透き通っているように見えます。

私たちの身近でよく見かける花で、特にポトマック河畔のあちこちで下の写真のように群生している様は圧巻です。3月頃からトレイル脇ですぼめた傘のような芽出しが見られるようになります。その後、葉は破れ傘のように展開し、4月上旬頃に下の写真のような蕾をつけ始めます。そして、4月下旬に気の早い株が開花し始めました。"Mayapple"とは5月のリンゴという意味で、果実は十分熟すと食用になるそうです。しかし、熟す前やその他の部分には毒があるそうです。果実が熟す頃にまた撮影したいと思います。どんな実がつくことやら...。(上: 2005年4月23日 Billy Goat Trail Section C、中と下: 2005年4月10日 Sycamore Landing にて撮影)