HOME ワシントンDC近郊の花めぐり

Cardinal Flower
Lobelia cardinalis, Bluebell Family (Campanulaceae)


7月の下旬頃より、沢沿いなどの湿地で咲き出す花です。何と言ってもその花色が印象的です。一般名のCardinalとはカトリック教の高僧のことで、着用する赤い僧衣からの連想です。あるいは同じCardinalの名を持つ赤い鳥(Northern Cardinal)に見立てたのかもしれません。いずれにしても、緑色をバックにした深紅の花はとても鮮やかに映えます。草丈は結構あって、60〜120センチ。花は下から上に咲き上がっていきます。派手で豪勢ですので、いかにもアメリカの花といった感じです。

1つ1つの花の形もユニークです。花弁は上下2つの唇弁に分かれ、上唇は2つに裂けて横に張り出し、下唇は3つに裂けて前方に突き出ます。上唇の基部から上に突き出ている、白い鳥の頭のように見えるのは筒状の雄しべで、雌しべを包んでいます。全体的な花の形は羽を伸ばした赤い鳥のように見えますね。日本の青紫色のサワギキョウ(Lobelia sessilifoliaにとてもよく似ていますので、日本では紅花サワギキョウや洋種サワギキョウと呼ばれているようです。こちらには紅花ばかりではなく、Great Lobeliaなどの青紫色の仲間もいます。(2005年7月30日 上: McKee-Beshers Wildlife Management Area、下: Potomac Power Line にて撮影)