HOME 福島県とその周辺の花めぐり

ヤマトキソウ (山朱鷺草)
Pogonia minor 【ラン科トキソウ属】



2009年7月4日 福島県会津地方にて撮影

北海道から九州にかけて分布し、山地の日当たりの良い草地などに生える野生ランです。トキソウの仲間ですが、湿原に生えるトキソウとは全く異なる生育環境です。また、トキソウと比べると花は小型で、ほとんど開かず、上向きに咲く点でも大きく異なります。草丈は10〜20センチで、長楕円形の葉を1枚付けます。茎頂に淡紅色の花を1個付け、6〜8月に開花します。

トキソウは山地の湿原などで目にする機会は割と多いのに対して、このヤマトキソウにはなかなか出会えません。福島県内でも生育地は少なく、県版のRDBでは絶滅危惧 II 類に選定されています。私たちはこちらの3シーズン目にやっと見ることができました。北海道でもほんの数ヶ所でしか見ていません。花は完全に開かないものの、少しだけ開いた姿はなんともかわいらしいです。花の基部と唇弁の先が色濃くなっているのもとても美しいです。



2009年7月4日 福島県会津地方にて撮影




2009年6月28日 福島県会津地方にて撮影




2011年6月18日 福島県浜通り地方にて撮影