HOME 福島県とその周辺の花めぐり

トキソウ (山朱鷺草)
Pogonia japonica 【ラン科トキソウ属】



2009年6月28日 福島県会津地方にて撮影

北海道から九州にかけて分布し、日当たりのよい湿地に生える美しいランの花です。花の特徴などについては北海道編のページをご参照ください。福島県版RDBでは準絶滅危惧種の扱いですが、ややまれながらも県内に広く湿原や湿地で見られます。

日本で見られるトキソウ属の花は本種とヤマトキソウの2種とされています。しかし、両者の中間型のような花も知られていて、まだ正式な学名は付いてないものの、ミヤマトキソウと呼ばれています。本州の中部地方以北の日本海側の高山で見られ、生育環境はヤマトキソウに似て、草地や砂礫地などに生えます。トキソウに比べて花はあまり大きく開かず、唇弁は短くてあまり突き出ません。花色は薄くて、唇弁や側花弁にピンク色の筋があるのが特徴です。私たちは福島県内では那須連峰でそれらしき花を目にしました。宮城県の南蔵王や山形県の月山で見られる花もこのタイプではないかと思われます。南蔵王で見られるトキソウは、湿原に生えるものも含めて色白な花が多いのが興味深いです。

なお、トキソウの仲間は北米にも分布し、ローズ・ポゴニア(Rose Pogonia; P. ophioglossoidesと呼ばれます。日本の花より大型で、唇弁のふさふさとした突起の模様が派手です。私たちが2年間暮らしたワシントンDC近郊やニュージャージー州のパインバレンの湿地で見ることができました。



2011年6月18日 福島県浜通り地方にて撮影




2011年7月9日 宮城県白石市にて撮影




2011年7月31日 山形県西川町にて撮影




2012年7月14日 那須連峰にて撮影