HOME 福島県とその周辺の花めぐり

ウスバスミレ (薄葉菫)
Viola blandiformis 【スミレ科スミレ属】



2007年6月16日 福島県南会津町にて撮影

北海道と本州の中北部に分布し、亜高山帯の針葉樹林下に生える地上茎のない小型のスミレです。北海道編のページはこちら。草丈は5〜8センチと低いです。葉は腎円形で長さ2〜4センチ、縁に粗く浅い鋸歯があり、互いに重なり合っているように見えます。その名の通りに葉は薄くて柔らかく、両面とも無毛です。小さな白い花の径は1〜1.5センチで、唇弁に紫色の筋が入ります。側花弁に毛はありません。距は長さ2ミリと極めて短いです。似た仲間のチシマウスバスミレ(千島薄葉菫; V. hultenii)は高層湿原に生え、葉に微毛があり、鋸歯が重ならずにはっきりととがります。

福島県では吾妻連峰や雄国沼湿原、尾瀬の山などで見られますが、分布は局所的で数は少ないです。県版RDBでは準絶滅危惧種の扱いです。



2007年6月23日 福島県北塩原村にて撮影




2015年7月11日 福島県北塩原村にて撮影




2015年7月11日 福島県北塩原村にて撮影