HOME 福島県とその周辺の花めぐり

ツルカノコソウ (蔓鹿子草)
Valeriana flaccidissima 【オミナエシ科カノコソウ属】



2007年4月8日 福島県いわき市にて撮影

山地の沢沿いなどの比較的湿った場所に生える多年草です。本州、四国、九州に広く分布し、福島県内ではややまれながらも中通り地方以東で見られます。私たちは浜通り地方のいくつかの渓谷や、阿武隈山地などで目にしました。草丈は20〜60センチで、羽状に裂けた茎葉が対生し、茎先の花序に径2ミリほどの小花を多数つけます。北海道でも見られる仲間のカノコソウはピンク色の花を付けますが、本種は微かに赤味を帯びている程度です。先が5裂した筒状の花の造りはカノコソウとよく似ていますが、雄しべは花冠よりそれほど飛び出しません。開花する頃に根元から蔓を伸ばし、根を下ろして苗を作って増えることから「ツル」の名が付いています。花期は4〜5月です。果実には白い綿毛があり、とても美しいです。



2007年5月12日 福島県田村市にて撮影




2013年4月28日 福島県飯舘村にて撮影




2013年4月28日 福島県飯舘村にて撮影




果実をつけた草姿 2008年6月8日 福島県南相馬市にて撮影