HOME 福島県とその周辺の花めぐり

ササバギンラン (笹葉銀蘭)
Cephalanthera longibracteata 【ラン科キンラン属】



2016年5月21日 福島県下郷町にて撮影

北海道〜九州に分布し、落葉樹林内に生える多年草。ギンランによく似ていて、葉が細長く笹の葉に似ているのが和名の由来です。草丈は30〜50センチと、ギンランよりも高いです。葉は長さ5〜15センチの長楕円状披針形で、先がとがり、縁と裏面に白毛があります。花柄基部の苞葉は下部の1〜2枚が大きな葉状で、花序の高さと同じかより高くなります。ギンランでは花序よりも高くなることはありません。花はわずかに開く程度で、唇弁の中央の裂片はギンランほど大きくありません。花期はギンランと比べるとやや遅いです。

福島県には広く分布し、福島県植物誌ではふつうに見られるとされています。ギンランとは異なり県版RDBに記載がありません。私たちも見る機会は多いですが、ギンランとの区別に悩まされる個体も時折見かけます。



花のアップ 2016年6月4日 福島県西郷村にて撮影




2012年5月13日 福島県いわき市にて撮影