HOME 福島県とその周辺の花めぐり

サルメンエビネ (猿面海老根)
Calanthe tricarinata 【ラン科エビネ属】



2012年6月2日 福島県にて撮影

北海道〜九州に分布し、低地〜山地の広葉樹林下に生える美しいエビネの仲間です。花の特徴などについては北海道編のページをご覧ください。全国的にまれにしか見られない花であり、ほとんどの都道府県で絶滅危惧種となっています。北海道では絶滅危惧種(En)の扱いながらも、私たちは札幌近郊や道南、道東地方で目にしていました。福島県内では会津地方でごくまれに見られるだけで、絶滅危惧 I 類に選定されています。北海道では見ているものの、県内でもぜひ見てみたいと思っていましたが、なかなか出会えません。こちらの6シーズン目になって、やっと見ることができました。北海道で最後に見てから8年ぶりの再会となりました。赤味を帯びて複雑に皺が寄っている唇弁は何度見ても面白い形だと思います。同属の仲間で県内に分布するもののうち、キンセイランとキソエビネにはまだ出会っていません。いつか見てみたいものです。



2012年6月2日 福島県にて撮影




2015年5月31日 福島県にて撮影