HOME 福島県とその周辺の花めぐり

オオミズトンボ (大水蜻蛉)
Habenaria linearifolia 【ラン科ミズトンボ属】



2013年8月25日 宮城県にて撮影

北海道〜本州に分布し、日当たりのよい低地の湿原に生える多年草です。ミズトンボの近似種で、花の形はよく似ていますが、側がく片が白色で斜開することと、3裂した唇弁の左右の裂片は湾曲して斜め下を向くことが特徴です。距は長さ3センチほどで、ミズトンボより長いです。なお、やはりミズトンボに似るオゼノサワトンボ(ヒメミズトンボ)の花は小型で、距は長さ1.5センチ以下で先はふくらみません。

福島県ではきわめてまれにしか見られず、県版RDBでは絶滅危惧 I 類の扱いです。私たちは県内で見たことはありません。いつもお世話になっている仙台市にお住いのlavicさんに案内していただいて訪れた宮城県の湿地では、ミズトンボとともにいくつかの花を見ることができました。