HOME 福島県とその周辺の花めぐり

ミズトンボ (水蜻蛉)
Habenaria sagittifera 【ラン科ミズトンボ属】



2013年8月25日 宮城県にて撮影

北海道〜九州に分布し、日当たりのよい低地の湿原に生える多年草です。唇弁の形をトンボに見立ててこの名がつきました。花はよく観察すると面白い形をしていて、まるで万歳をしているエイリアンのようです。草丈は30〜70センチ、長さ5〜20センチの先が尖った線形の葉が茎の下部につきます。茎の上部に多数つく花の背がく片と側花弁は白く、合わさって兜状になります。唇弁は十字形に3裂し、左右の裂片は斜上します。距は長さ1.5センチほどで、先は球状にふくらみます。花期は7〜9月。

福島県では各地の湿地にややまれに見られるようですが、私たちは出会ったことはまだありません。県版RDBでは準絶滅危惧種の扱いです。宮城県のとある湿地では、オオミズトンボとともに見ることができました。



2013年8月25日 宮城県にて撮影




花のアップ 2013年8月25日 宮城県にて撮影