HOME 福島県とその周辺の花めぐり

マヤラン (摩耶蘭)
Cymbidium macrorhizon 【ラン科シュンラン属】



2014年7月20日 福島県いわき市にて撮影

本州と四国・九州・沖縄に分布し、常緑広葉樹林下に生える多年草。シュンランの仲間ですが、緑葉を持たない腐生ランです。和名は発見地の神戸市摩耶山に因みます。草丈は10〜30センチ、茎の下部に膜質鞘状の鱗片葉があります。茎頂に白色で紅紫色の縞模様のある花が数個まばらにつきます。外花被片の長さは2センチ、長楕円形の唇弁の長さは1.5センチほどで先がわずかに3裂します。花期は7〜8月。

図鑑では関東地方南部以西に分布するとされていますが、お隣の栃木県や茨城県(日立市)にも記録があります。しかし、栃木県では現状不明のようです。福島県には記録がありませんでしたが、2014年にいわき市在住の”ツルピカ和尚”様が発見されました。私たちもご案内いただきカメラに収めることができましたが、福島県にも自生していたとは驚きです。新たな分布の北限です。



2014年7月20日 福島県いわき市にて撮影