HOME 福島県とその周辺の花めぐり

シュンラン (春蘭)
Cymbidium goeringii 【ラン科シュンラン属】



2007年5月3日 福島県郡山市にて撮影

和名の通りに、春に咲くランで、ランの仲間では最も早く咲き出します。落葉の間から頭を出して咲く姿に、春の訪れを強く感じさせられます。北海道には少ないものの、全国的に広く分布し、福島県内でも浜通りや中通りでよく見かけます。温暖な浜通り地方ではやはり咲き出すのが早く、3月上旬には開花した姿を見かけるようになります。郡山市内でも、自宅から近いいくつかの自然公園で群生しているのに出会えます。

花芽は前年の秋遅くには頭を出して、蕾は鞘状の鱗片に包まれて冬を越し、春一番に鱗片を突き破るようにして花を咲かせます。薄いクリーム色の唇弁は後方に巻き込まれ、写真に撮るのが難しいですが、唇弁にある紅紫色の斑点はかわいらしく、その模様は1つ1つの株でずいぶん違っています。常緑の葉は細長くて、縁がざらつくのが特徴です。また、可憐な花の姿からは想像できない大きな果実には驚かされます。



2011年4月3日 福島県いわき市にて撮影




2008年3月29日 福島県いわき市にて撮影




目覚めたばかりの花 2007年3月3日 福島県いわき市にて撮影




晩秋に見られる花芽 2008年11月30日 福島県いわき市にて撮影




大きな果実 2008年11月30日 福島県いわき市にて撮影




種子を散布し終えた果実 2009年3月1日 福島県郡山市にて撮影




珍しい1茎2花の個体 2011年4月3日 福島県いわき市にて撮影