HOME 福島県とその周辺の花めぐり

マツラン (松蘭)
Gastrochilus matsuran【ラン科カシノキラン属】



2017年4月16日 福島県にて撮影

本州(岩手県以南)・四国・九州に分布し、常緑広葉樹林やクロマツ林の樹幹に着生するランの仲間です。和名の「マツ(松)」は、海岸などでは松の木につくことに由来します。カヤランによく似ていて、暗紫色の斑点があることから、ベニカヤランの別名があります。茎の長さは1〜3センチで、基部から伸びるやや太い根で樹皮に着いて下垂します。葉は長さ7〜20ミリの長楕円形で、暗紫色の斑紋があります。花序は葉腋から伸びて、1〜4 個の花をつけます。花の径は6〜9ミリで、黄緑色の地に暗紫色の斑点があります。花期は4〜6月。


福島県にも記録がありますが、県内で見る機会はとても少ないです。県版レッドリストでは絶滅危惧 I 類の扱いになっています。私たちは浜通り地方の渓谷で落ち枝についているのを何度か見ただけです。




2011年4月7日 福島県にて撮影