HOME 福島県とその周辺の花めぐり

コハマギク (小浜菊)
Chrysanthemum yezoense 【キク科キク属】



2007年10月20日 福島県相馬市にて撮影

北海道から本州の茨城県以北の太平洋岸に分布する野菊です。海岸の岩場や崖に生え、草丈は10〜30センチほどです。多肉質でさじ形の葉は浅く3〜5裂します。頭花の径は4〜5センチほどです。花期は9〜11月です。

福島県の太平洋岸では、やはり秋に咲くハマギクも見られます。両者の相違点はハマギクのページを参考にしてください。県内ではコハマギクを見る機会は少なく、県版レッドデータブックでは準絶滅危惧種に選定されています。相馬市の松川浦ではすばらしい群生が見られますが、それより南のいわき市の海岸にかけては個体数が少なく、なかなか見ることができません。晩秋の海岸を白く彩る美しい野菊の花です。



2007年10月20日 福島県相馬市にて撮影




2010年10月23日 福島県相馬市にて撮影




2010年10月23日 福島県相馬市にて撮影




2010年10月23日 福島県相馬市にて撮影