HOME 福島県とその周辺の花めぐり

イイヌマムカゴ (飯沼零余子)
Platanthera iinumae 【ラン科ツレサギソウ属】



2013年8月3日 宮城県にて撮影

北海道(南部)〜九州に分布し、山地の林下に生えるラン科の多年草です。和名は植物学者の飯沼慾斎の「草木図鑑」にムカゴソウとして記載されたことによります。草丈は30センチ前後で、茎の中ほどに長楕円形の葉が2枚、その上部に披針形の鱗片葉が数枚つきます。7〜8月に黄緑色〜白色の小さな花を穂状に多数咲かせ、距は楕円形で、長さ1〜1.5ミリほどです。仲間のトンボソウやヒロハトンボソウの距は細長くて、長さ5〜9ミリです。花期は7〜8月。

福島県での記録はないようで、福島県植物誌にも県版RDBにも記載はありません。私たちは情報をいただいてお隣宮城県内でこの珍しい花を見ることができました。福島県内でもよく探せば見つかるようにも思えますが、どうなのでしょう...。



2013年8月3日 宮城県にて撮影




花のアップ 2013年8月3日 宮城県にて撮影