HOME 福島県とその周辺の花めぐり

ヒメノヤガラ (姫の矢柄)
Hetaeria sikokiana 【ラン科ヒメノヤガラ属】



2011年8月6日 福島県相馬市にて撮影

本州の岩手県から九州にかけて分布し、常緑樹林下に生える葉緑素を持たない腐生ランです。草丈は5〜20センチ程度しかありません。オニノヤガラよりも小型なのでこのような和名が付けられたと思いますが、サイズが違いすぎます。オニノヤガラとは別属に分類され、仲間にはヤクシマアカシュスランとカゲロウラン(オオスミキヌラン)があります。小さくて目立たないのですが、そのユニークな草姿は1度見たら忘れられません。7〜8月に、少し赤みを帯びた茶色の茎の上部に5〜10個ほどの黄褐色の花を総状につけます。花はあまり開かず、また、唇弁は上部に位置しているのが特徴です。

産地は少なく、福島県版RDBでは、いわき市に記録があるものの、現状不明で未評価となっています。私たちは浜通り地方にお住いのカエデさんのご案内で初めて見ることができました。この相馬市の自生地は2009年に冬虫夏草の研究家が見つけて、後日カエデさんがヒメノヤガラであることを確認されたそうです。モミとスギの混交林下に、多い年には100株以上も出現するという、すばらしい自生地です。



2011年8月6日 福島県相馬市にて撮影




2011年8月6日 福島県相馬市にて撮影




2011年8月6日 福島県相馬市にて撮影




花のアップ 2011年8月6日 福島県相馬市にて撮影




果実(種子散布後) 2012年1月4日 福島県相馬市にて撮影