HOME 福島県とその周辺の花めぐり

ハルリンドウ (春竜胆)
Gentiana thunbergii 【リンドウ科リンドウ属】



2011年5月21日 福島県福島市にて撮影

本州〜九州に分布し、山野の湿った草地などに自生する2年草です。その名の通りに、3〜5月に咲くリンドウの花です。やはり春に咲くフデリンドウに似ていますが、ハルリンドウは卵形の根生葉がロゼット状につく点で、根生葉のないフデリンドウと区別できます。「福島県植物誌」では、県内では中通りでやや普通に見られるとありますが、私たちはこちらの5シーズン目まで目にすることはありませんでした。

ハルリンドウの変種で高山型であるタテヤマリンドウは、県内では尾瀬の山で見ることができます。両者の違いは、タテヤマリンドウの方が葉の数が少なく、花茎の数も少ないこと、また花の大きさもやや小さいことなどが挙げられます。なお、北海道の低地で見られるものはタテヤマリンドウとされているようです(北海道編のページはこちら)。



2011年5月21日 福島県福島市にて撮影




2011年5月21日 福島県福島市にて撮影




ピンク色の花 2011年5月21日 福島県福島市にて撮影