HOME 福島県とその周辺の花めぐり

エイザンスミレ (叡山菫)
Viola eizanensis 【スミレ科スミレ属】



2007年4月8日 福島県いわき市にて撮影

葉が細かく切れ込んでいるのが特徴のスミレです。淡い紅紫色の花弁もとても美しいです。花は大型で、直径は2〜2.5センチほどあります。側花弁基部の毛もよく目立ちます。本州〜九州にかけて広く分布し、福島県内でも浜通りや中通りでよく見られます。

これほど深く裂けた葉をもつスミレは珍しいですが、私たちが2年間暮らしたワシントンDC近郊にもBirdfoot Violet (Viola pedata)と呼ばれる葉の裂けたスミレが見られました。葉の形を鳥の足に見立てた名前です。

日本ではこのエイザンスミレのほかに、ヒゴスミレの葉も深く切れ込みますが、エイザンスミレの葉の基部は3裂するのに対して、ヒゴスミレは5裂するのが大きな違いです。また、ヒゴスミレの花はエイザンスミレよりもやや小型です。ヒゴスミレは西日本に多く、福島県内では記録がないようです。それでも、東北での自生地は点在しているそうなので、よく注意して探してみると県内でも見つかるかもしれません。地方によって葉の形にもいろいろバリエーションがあるようです。



2007年4月22日 福島県郡山市にて撮影




2008年4月12日 福島県いわき市にて撮影




2012年4月15日 福島県古殿町にて撮影