HOME ワシントンDC近郊の花めぐり

Yellow Fringed Orchid
Platanthera ciliaris, Orchid Family (Orchidaceae)


濃いオレンジの花色が印象的な野生ランです。2センチほどの唇弁がヒゲのように細かく切れ込んでいるのが見事です。一番下のアップの写真を見ると分かりますが、上部の側花弁にも切れ込みがあります。長い距は4センチほどもあって下に垂れ下がります。草丈は40〜50センチ程度。7月下旬〜8月上旬に咲きだす夏の花です。

この花はアメリカ東部に広く分布していますが、メリーランド州ではなかなか見ることができないようです。件のガイド本に載っている唯一の場所は、キャンプデービットに近いFrederickの森。ここは広大な野草の宝庫です。私たちの住いからそれほど遠くないこともあって、こちらに来た最初の年に歩き回ってずいぶん探したのですが、残念ながら見つけることはできませんでした。

次のシーズンに、意外な情報から花の在り処の糸口をつかむことができました。ネットでこの花の名前と"Frederick"を合わせて検索すると、FBIがこの森のとある池の水を抜いて捜査をしたという新聞記事がヒットしました。それによると、この池に炭疽菌の入った封筒が投げ込まれたらしく、FBIは25万ドルもかけて大捜索をしたらしいのです。その際、池の周囲にこの貴重な花があるので、保全のために研究者のアドバイスを受けたということです。あとはこの池(Whiskey Springs Pond)の場所を突止めれば見ることができると期待に胸が膨らみましたが、調べても場所はなかなか分かりません。手を変え品を変え、ようやくメリーランド州のFishingのサイトで地図を入手できました。

このようにして準備万端で出かけると(もちろん開花時期も予想して)、目当ての池はあっさり見つかりました。ルンルンと歩き出しましたが、親子の釣り人がいるだけで水際には花の影もありません。しかし、めげずに進むと、池の堤の草原に憧れの花は咲いていました!それも、1つ2つではなく、50本ぐらいが群生していました。すばらしい自生地です。

FBIと野生ラン...不思議な取り合わせで私たちの夢は叶いました。(2006年7月30日 Frederick Municipal Forest にて撮影)