HOME ワシントンDC近郊の花めぐり

Spring Beauty
Claytonia virginica, Purslane Family (Portulacaceae)



ポトマック川をワシントンDCから少し遡った所にグレートフォールズと呼ばれる荒々しい滝群があります。この下流の川岸に沿ってBilly Goat Trailというハイキングコースがあって、景色はもちろん、お花も楽しめるようです。前回1月17日に訪れた際はとんでもない寒さと風で早々に撤退しましたが、今回は暖かい日差しの下で歩くことができました。半袖のシャツを着て歩いている人もいます。ただ、まだ雪が少し残っていて、川沿いにある運河も所々で氷結していました。それにもかかわらずにカヤックを楽しんでいる人がいるのは驚きです。

さて、何か咲いている花はないかと探しながら歩いていると、花ママが白い蕾を発見!葉が細長くて、見た目はアマナの仲間のようです。そして、そのすぐ先で1輪だけ花が咲いていました。今年初めて見る、花らしい花、Spring Beautyです。ユリ科のアマナの仲間にしては花弁が5枚しかないということで、家に帰ってからよくよく調べると、なんとスベリヒユ科の花とのこと。小さな花で、大きさは1〜2 cm程度です。花弁にはうっすらとピンク色の筋が入っていますが、花弁自体がもっとピンク色の個体もあるようです。

結局、花は別の場所でもう1輪咲いていただけでしたが、こんなに早い時期に可憐な春の花に出会えて満足、満足。たくさんの花が咲き乱れる頃にまた撮影したいと思います。(2005年2月5日 Billy Goat Trailにて撮影)


2月13日にBilly Goat Trailを再訪。グレートフォールズに近い方のコース(Section A)を歩いてみました。岩場の多いなかなかワイルドなコースです。残念ながら花は見つからなかったので、前回と同じ所(Section B)へ行って開花の進展状況を観察。1週間前よりも花や蕾をつけている株をたくさん見かけましたが、満開までにはまだまだなようです。

ピンク色の濃い花も見かけました。花芽もたくさんありますね。



3月6日に下流側のBilly Goat Trail (Section C)を訪れると、Spring Beautyは所々でたくさんの花を咲かせ始めていました。2つあるいは3つの花をつけている株も散見されました。



1週間後の3月13日には、Billy Goat Trail Section Cのいたる所でこの花が見られました。下の写真のような群生も見られるようになってきました。




さらに1週間後の同じ場所での群生の撮影です。