HOME ワシントンDC近郊の花めぐり

Spotted Wintergreen
Chimaphila maculata, Pyrola Family (Pyrolaceae)


気の早いSkunk Cabbageが芽を出していたCabin John Regional Parkでは、もちろん1月上旬ですから散策路脇に花は咲いていませんが、いくつかの種類の常緑の葉を見かけました。 この写真の葉を見つけた時は、日本のとは違って斑入りの葉ではあるものの、縁には粗い鋸歯もあるので、多分ウメガサソウ(Chimaphila japonica)の仲間ではないかと予想しました。家に帰って図鑑で調べてみると、Spotted (あるいはStriped) Wintergreenという名の正しくウメガサソウの仲間でした。その名の通り、葉にある斑模様が特徴的です。日本のも葉の中脈は淡緑色をしていますが、これほど派手な斑模様にはなりません。下の写真のようにあまり目立たないものも見かけましたが...。

花が咲くのは日本と同じく6〜7月頃のようです。図鑑やネット上の写真を見ると、日本のウメガサソウとは違って、花弁はずいぶん反り返るようです。花の季節が楽しみです。(2005年1月9日 Cabin John Regional Parkにて撮影)




待望の花は6月下旬頃から咲き出しました。花弁は確かに大きく反り返っています。花や蕾はウメガサソウよりもオオウメガサソウの方によく似ています。来年に備えた初々しい緑色の若葉も出ていました。(2005年7月2日 Sugarloaf Mountain にて撮影)