HOME ワシントンDC近郊の花めぐり

Indian Pipe
Monotropa uniflora, Pyrola Family (Pyrolaceae)


草姿と蝋のような色が日本のギンリョウソウに瓜二つの腐生植物です。12年前にアメリカにいた頃は、花にはあまり興味がなかった花パパですが、Shenandoah国立公園にハイキングに行った時に見たことがあるので、久々の再会となりました。決して珍しい花ではなく、暗い林のあちこちで群生しています。日本のギンリョウソウ(Monotropastrum globosum)と学名が異なっているので、どんな違いがあるのだろうかと思いながら、あまり深く観察もせずに写真を撮っていました。花ママはシャクジョウソウに似ていると言っていましたが...。

2週間後に再訪すると、もう花は終わっていましたが、驚いたことに終わった花が上を向いているのです。ギンリョウソウは横を向いたまま果実ができるはずですが...。これは日本のアキノギンリョウソウ(ギンリョウソウモドキ)の特徴です。で、よくよく図鑑を調べると、なんとこのIndian Pipeの学名はアキノギンリョウソウのと同じでした。つまり、こちらでは日本のアキノギンリョウソウが初夏に咲くということになります。日本での花期は9月頃なのですが...。

ちなみに、アキノギンリョウソウはシャクジョウソウの仲間です。アメリカにもPinesapと呼ばれるシャクジョウソウによく似た花があり、図鑑で調べてみるとこの学名は日本のシャクジョウソウと同じでした。私たちの身近でも見られるようなので探してみます。(2005年6月11日 Scott's Run Nature Preseve にて撮影)