HOME ワシントンDC近郊の花めぐり

Dwarf Larkspur (Spring Larkspur)
Delphinium tricorne, Buttercup Family (Ranunculaceae)



このユニークな形をした花はキンポウゲ科に属し、なんとなくトリカブトの花に似ています。実際、この花には有毒なアルカロイド成分が含まれているそうです。草丈は20〜60センチ程度、掌状の葉は深く切れ込んでいます。星の形をした5枚の花弁のように見えるのはがく片で、上のがく片の後ろが少し曲がって立ち上がっているのが大きな特徴です。花の造りは下のアップの写真を見ていただくとよく分かると思います。草丈が高くて夏に咲くTall Larkspur (D. exaltatum)や葉の細いRocket Larkspur (D. ajacis)といった仲間もいるようです。日本では似たものがヒエンソウ(飛燕草)や学名のデルフィニウムの名前で園芸種として栽培されています。写真は石灰岩地帯で咲いていたのを撮ったものですが、家から割と近いMcKee-Beshers Wildlife Management Areaでも見かけました。こんな変った花が自生しているとはびっくりしました。(2005年4月24日 Ferry Hill (上)とSnyders Landing (下)にて撮影)





2週間ぶりにSnyders Landingを訪れると、Dwarf Larkspurは花盛りで、よく見ると色変わりのものがいくつか見られました。薄いラベンダー色のもの、ピンク色のもの、後ろに伸びたがく片に青紫を残した白色のもの、花全体がほぼ白色のものなど...。まるで、エゾエンゴサクの色変わりのように多様です。(2005年5月8日撮影)