HOME 福島県とその周辺の花めぐり

ヨウラクラン (瓔珞蘭)
Oberonia japonica 【ラン科ヨウラクラン属】



2009年6月20日 福島県にて撮影

現在は福島県を分布の北限とする暖地性の着生ランです。長さ2センチほどの肉厚で先の尖った葉を互生し、茎の先端から長いものでは8センチにもなる花穂が垂れ下がり、多数の小さな花をつけます。花期は5〜6月、橙赤色の花は1〜2ミリ程度の大きさしかありませんが、とても美しい姿をしています。和名は、花穂の姿を仏像の装飾品である宝石や貴金属を連ねて編んだ瓔珞に見立てたものです。

私たちは、接写できる位置に生えていて花茎を伸ばし始めた株を5月上旬に見つけて、その後何回か開花の確認に訪れましたが、なかなか花は開かず、6月中旬になってやっとその小さくて美しい花を見ることができました。



2009年6月20日 福島県にて撮影




2009年6月24日 福島県にて撮影




2009年6月20日 福島県にて撮影




花のアップ 2009年6月20日 福島県にて撮影




花序を伸ばし始めた個体 2009年5月1日 福島県にて撮影