HOME 福島県とその周辺の花めぐり

ナツエビネ (夏海老根)
Calanthe reflexa 【ラン科エビネ属】



2009年8月17日 福島県にて撮影

本州〜九州にかけて分布し、湿り気のある落葉樹林下や沢の周辺などに生える夏咲きのエビネの一種です。北海道(奥尻島)や青森県(西部)には変種のオクシリエビネが知られていて、葉裏に短毛があることが特徴です。草丈は20〜40センチ、茎の上部にややまばらに10〜20個の花を付けます。上方に反り返った3枚のがく片と左右の線形の側花弁は白っぽく、3つに深く裂ける唇弁は紫色で、ツートンカラーの花はとてもきれいで魅力的です。

全国的に数は少ないようで、福島県でもまれにしか見られず、県版のレッドデータブックでは絶滅危惧II類に選定されています。会津地方の数ヶ所やいわき市などに記録があります。私たちもずいぶん探しましたが、なかなか出会えず、3シーズン目にしてやっと会津の山中で見ることが叶いました。林の中を覗き込んでいた花ママが見つけたのですが、見つけた瞬間あまりの感激で言葉にならず、へなへなとしゃがみ込んでしまいました...。上の写真がその初めて見られた株で、傷んだ花もほとんどなく、ほぼベストの状態で見られたのもうれしかったです。翌週に北海道からいらっしゃった「北海道あれこれ さっぽろ発」のおっさん・のりちんと再訪し、一緒に探し回って他にも何株か見つかりました。末永く見られることを祈らずにはいられません。あとは、県内でキンセイランとキソエビネを見ることが夢です。



2009年8月17日 福島県にて撮影




2009年8月23日 福島県にて撮影