HOME 福島県とその周辺の花めぐり

ムカゴサイシン (零余子細辛)
Nervilia nipponica 【ラン科ムカゴサイシン属】



2016年6月12日 福島県 浜通り地方にて撮影

本州の関東地方北部から沖縄にかけて分布し、常緑樹林下に生える草丈3〜10センチのラン科の花です。和名は地下の球茎をムカゴに例え、花後に出る角ばった心円形の葉をカンアオイ属のサイシンに例えたものです。私たちが初めて見たのは栃木県の自生地のものですが、福島県でも浜通り地方にもあるらしいという情報をいただき、半信半疑で探したところ、開花しているものが1株だけ見つかりました。これまで福島県には記録がなく、新たな分布の北限と思われます。その直後に、県内のほかの場所でも見つかったという情報をいただき、葉が出現する頃に訪れると、たくさんの葉や果実をつけた姿を見ることができました。翌シーズンは花の時期に訪れ、10株ほどの花が確認できました。

2017年6月18日 福島県 浜通り地方にて撮影




花のアップ 2016年6月12日 福島県 浜通り地方にて撮影




特徴的な葉の形 2016年7月18日 福島県 浜通り地方にて撮影




種子の散布を終えた果実と葉 2016年7月18日 福島県 浜通り地方にて撮影