HOME 福島県とその周辺の花めぐり

ムギラン (麦蘭)
Bulbophyllum inconspicuum 【ラン科マメヅタラン属】



2010年6月20日 福島県にて撮影

福島県を分布のほぼ北限とする常緑性の着生ランです。和名は、水分や養分を蓄えるはたらきのある偽鱗茎(Pseudobulb、バルブ)を麦粒に見立てたものです。この卵形をしたバルブの先端に、1枚の厚くて光沢のある葉がつきます。葉は長さ1〜3センチの倒卵形です。花はバルブの基部から出た花茎の先端に1〜3個つきます。花の径は3〜4ミリほどと小さく、白〜淡黄色をしています。花期は5〜6月です。

福島県内では浜通りのいくつかの渓谷で見ることができます。しかし、手の届くような低所で生えているものにはなかなか出会えず、双眼鏡やスポッティング・スコープでの観察になります。福島県版のレッドデータブックでは絶滅危惧 II 類に選定されているものの、産地での個体数は多く、樹幹にびっしりと着生しているのをよく見かけます。その割には、花を見る機会は非常に少ないです。花期自体も短く、すぐに傷んでしまうようです。花は本当に小さくて、よく見ないと咲いているのかいないのかよく分かりません。

私たちはこちらの3シーズン目に初めて出会えましたが、花を咲かせている姿を見ることはありませんでした。翌シーズンに定点観察を重ね、咲いている花をようやく撮影できました。上の写真がそれで、280ミリ相当のレンズで撮影しましたが、ピクセル等倍でトリミングした画像です。撮影した時には咲いているのかよく分からず、家に帰ってからPCの画面で花を確認した次第です。できれば、もっと近くでかわいらしい花をじっくりと見てみたいものです。



蕾 2009年6月24日 福島県にて撮影




樹幹に着生している様子 2010年3月13日 福島県にて撮影