HOME 福島県とその周辺の花めぐり

モミラン (樅蘭)
Saccolabium toramanum 【ラン科マツラン属】



2013年4月5日 福島県にて撮影

現在は福島県を分布の北限とする、早春に咲き出す美しい常緑の着生ランです。暖地の針葉・広葉樹混交林の樹幹に着生し、特に樹種は選ばないようです。茎は長さ5〜7センチほどで、太くて白い気根が目立ち、先が尖った肉厚の葉が2列に互生します。葉腋から出た短い花茎の先に、2〜6個の花が密集して付きます。黄緑色の側花弁とがく片は大きく開き、内側に紫紅色の斑点があります。白い唇弁には緑色の隆起があり、また、長い距があります。

福島県内では浜通り地方の渓谷で見られます。ダムの建設や園芸採取などで数を減らし、県版のレッドデータブックでは最も絶滅の危険が心配される絶滅危惧 I 類に選定されています。私たちは、こちらでの3シーズン目にいくつかの場所で見つけましたが、いずれも高所で咲いていたので、満足できる写真を撮ることはできませんでした。その夏に落ち枝に付いている株に運よく出会え、秋には蕾を確認し、翌シーズンに待望の花を接写できました。その後は、十分近づける場所に咲いている花や、倒木についている花を見つけては、せっせと写真を撮っています。5ミリほどの小さな花ですが、ご覧のようにじつに派手で美しい花姿です。



2013年4月5日 福島県にて撮影




落ち枝に付いていた株 2010年3月28日 福島県にて撮影




花のアップ 2010年3月28日 福島県にて撮影




蕾 2009年10月12日 福島県にて撮影