HOME 福島県とその周辺の花めぐり

クロヤツシロラン (黒八代蘭)
Gastrodia pubilabiata 【ラン科オニノヤガラ属】



2016年9月24日 福島県いわき市にて撮影

本州・四国・九州に分布し、常緑広葉樹林や竹林、スギ植林などに生える菌従属栄養植物です。花茎の高さは2〜3センチしかなく、花は紫色を帯びた褐色をしていているので目立たなく、花を探すのに苦労します。がく片と側花弁が合着し、先で分かれて平開します。唇弁の色はより濃く、表面に黄白色の毛が密に生えます。花期は9〜10月。結実すると花径は伸びて、高いものでは40センチにもなります。

本州の関東地方以西に分布するとされていましたが、最近になって福島県のいわき市の数地点で生育が確認され、2017年に学会誌に掲載されました。私たちも情報をいただいて、いわき市内の3カ所で見ることができました。

2017年9月24日 福島県いわき市にて撮影




果実 2016年11月5日 福島県いわき市にて撮影


種子の散布を終えた果実 2017年12月10日 福島県いわき市にて撮影