HOME 福島県とその周辺の花めぐり

カザグルマ (風車)
Clematis patens 【キンポウゲ科センニンソウ属】



2009年5月13日 福島県にて撮影

5月から6月にその名の通りの形をした花を咲かせる、クレマチスの仲間です。本州から四国、九州に分布し、低地〜山地の林縁や湿った場所に自生します。花は大きくて、径10〜15センチもあります。花弁のように見えるのはがく片で、ふつう8枚あります。がく片の幅や色には変異があり、淡紫色の花もあるようです。花の中央にある紫色をしたたくさんの雄しべも特徴的です。

全国的に生育地は少なく、また美しい花ゆえに採られることが多く、福島県レッドデータブックでも絶滅危惧 I 類に選定されています。美しいクレマチス(テッセン)の園芸品種が出回っていますから、庭に植えるのにこの貴重な自生種を盗掘するのは止めていただきたいものです。私たちもこの魅力的な大きな花が見たくてずいぶん探し回り、県北と県南の数ヶ所で出会うことができました。紫色の花も見てみたいものです。



2009年5月9日 福島県にて撮影




2009年5月13日 福島県にて撮影




2009年5月13日 福島県にて撮影




2011年5月28日 福島県にて撮影




2011年5月28日 福島県にて撮影




蕾 2008年5月24日 福島県にて撮影