HOME 福島県とその周辺の花めぐり

イブキスミレ (伊吹菫)
Viola mirabilis var. subglabra 【スミレ科スミレ属】



2013年4月20日 福島県相馬市にて撮影

北海道(日高地方)と本州(広島県以北)に分布し、山地の半日陰に生えるスミレの仲間です。最初は根元から花と葉が別々に出ますが、花後に茎をのばし、先端の対生する2枚の葉の腋に閉鎖花をつけるという変わり者です。葉は円心形で先は鈍頭または短く尖り、花期には心形の基部が表側に巻いています。淡紫色の花は径1.5〜2センチほどで、距は長くて白く、側弁の基部は有毛、花柱は先が短く曲がります。4月中旬ころから咲きだします。

なお、北海道では側弁が無毛なものがあったり、葉腋から開放花を咲かせるものもあるようです。

福島県では浜通りや会津地方に記録があるものの、まれにしか見ることができません。なぜか県版RDBには記載がありません。私たちはカエデさんのご案内で、相馬市内の沢沿いで初めて見ることができました。一番下の写真のように、独特な形をした閉鎖花も見ることができました。また、初夏に別の花を目当てに訪れた下郷町でこの特徴的な閉鎖花を目にし、翌年の4月下旬に再訪するとたくさんの花に出会えました。ここでは、葉腋から開放花を咲かせるものが見つかりました。



2013年4月20日 福島県相馬市にて撮影




2014年4月27日 福島県下郷町にて撮影




2014年4月27日 福島県下郷町にて撮影




葉腋から開放花を咲かせる個体 2014年4月27日 福島県下郷町にて撮影




閉鎖花 2012年6月16日 福島県相馬市にて撮影