HOME 福島県とその周辺の花めぐり

ヒメタヌキモ (姫狸藻)
Utricularia minor 【タヌキモ科タヌキモ属】



2015年8月12日 福島県磐梯町にて撮影

北海道〜九州に広く分布し、貧栄養の湖沼・ため池・湿原内の水路や池塘に生える多年生の沈水性または浮遊性の水生植物です。気中に花茎を直立させて仮面状の花を2〜10個つけます。淡黄色の花の大きさは1センチほどしかなく、それでも一丁前のタヌキモの顔をしています。距は短い円錐形です。花期は8〜9月。なお、西日本には白色〜淡桃色の花が多く、また開花はまれのようです。

かつて福島県ではややまれながらも全域に分布していましたが、大半で消滅し、現在では尾瀬や磐梯山周辺でしか見られないようです。県版RDBでは絶滅危惧 II 類の扱いです。



2015年8月12日 福島県磐梯町にて撮影