HOME 福島県とその周辺の花めぐり

フモトスミレ (麓菫)
Viola pumilio 【スミレ科スミレ属】



2007年4月29日 福島県いわき市にて撮影

本州・四国・九州に分布し、丘陵や山地の日当たりのよい場所に生育する地上茎のないスミレの仲間です。ほかのスミレよりもやや遅い時期に、かわいらしい小さな白い花を咲かせます。山麓でよく見られるのでこの名がつきましたが、海岸近くや高地にも生えます。福島県にも広く分布し、ふつうに見られます。私たちは浜通り地方と県南地域でよく見かけますが、県北地域や那須連峰の亜高山帯でも目にします。

全体に小型で、草丈は3〜6センチ。葉は長さ1〜3センチの卵形〜三角状卵形で、ふつう表面にはまばらに毛があり、裏面は紫色を帯びます。白い斑が入ることも多く、フイリフモトスミレ(f. variegata)といいます。花は径1センチ程度で、唇弁はほかの弁よりも小さく、紫色の筋が目立ちます。側花弁の基部には毛が密生します。距は短くて長さ2〜3ミリ。花弁の裏側が紅紫色を帯びるものなど、花色に変化が多いです。




2007年4月29日 福島県いわき市にて撮影

 



2020年4月12日 福島県矢祭町にて撮影