HOME 福島県とその周辺の花めぐり

アケボノスミレ (曙菫)
Viola rossi 【スミレ科スミレ属】



2007年5月1日 福島県浪江町にて撮影

夜明けの空の色に見立てた鮮やかな紅紫色の花弁がじつに美しいスミレです。色だけではなく、丸みを帯びた花弁はとてもかわいらしいです。側花弁の基部にはわずかに毛が生えています。花が咲くころにはまだ葉が展開していないのはこのスミレの特徴で、ご覧のように葉はくるんと巻いています。しかし、花後に葉はずいぶん大きくなり(6〜12センチ)、先が尖ったハート型の葉は、すこし薄い緑色をしていることもあって、とても目立ちます。北海道の南部から九州中部にかけて分布し、福島県内では浜通りと中通りで普通に見られます。郡山市内の自然公園でも、散策路脇の日当たりのよい崩壊斜面などでよく見かけます。花が咲き出すのはタチツボスミレなど他の仲間よりやや遅く、郡山市内では4月中旬以降にならないと見られないようです。



2008年4月20日 福島県郡山市にて撮影




2011年4月29日 福島県郡山市にて撮影